債務整理の種類

債務整理の種類は??

一口に債務整理と言っても、方法は様々あります。その中でも今回は代表的な以下4種類の債務整理の方法をご説明させていただきます。

①任意整理 ②自己破産 ③民事再生 ④過払い金返還

この中でどの債務整理方法が最適なのかは、お客様の債務状況によります。
上記の債務整理方法はそれぞれ内容と特徴が違いますから、ここでは簡単に5つの債務整理方法の説明をさせていただきます。

 

①任意整理

債権者と交渉をし、借金を減額する。

まずは「任意整理」についてです。

任意整理を理解する上で大きなメリットは、

(1)公的機関(裁判所)を通す必要がないこと
(2)払わなくて良い筈だった利息を取り返すこと(借金が減る、もしくはゼロになる)
(3)司法書士が関与した時点で取り立てがストップする

ということです。

これは貸金業者との直接交渉ですから、交渉力が大きなカギとなります。

任意整理を個人で行う方はほとんどおらず、弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。

 

②.自己破産

借金を帳消しできる

「自己破産」は言葉として一番有名な債務整理方法なので、多くの方が知っているかと思います。

言葉としては「破産」と聞くとすごくイメージの悪い方法に聞こえるかもしれませんが、自己破産には大きなメリットがあります。

それは、「借金がすべて帳消し」になるということです。

メリット
(1)全ての債務の支払い義務が免除されます。
(2)手続開始後は債権者は強制執行(給料差し押さえ等)ができなくなります。
(3)ある程度の財産は、手元に残すことができます。

デメリット
(1)借入が今後約5~10年間できなくなります。(いわゆる「ブラックリスト」)
(2)住所氏名が、「官報」という国が発行する機関紙に掲載されます。
(3)弁護士・司法書士・税理士・宅建士・保険募集人・会社役員などの一定の資格を失う。
※ただし、会社役員については、破産後に選任すれば再任することができます。

一定の資産を手放さなくてはなりませんが、借金は帳消しになりますし、生活に最低限必要なものは保護されます。

破産ができるのは、「支払い不能」となった場合です。

支払い不能というのは、債務者の負債の額、収入、資産等の状況から総合的に判断されます。

当事務所では破産申立書の作成から、免責になるまでの全ての手続きのお手伝いさせていただきます。

 

③.民事再生(個人再生)

住宅ローン「以外」の借金を大幅減額出来る

民事再生を理解する上で大きなポイントは、

(1)大幅に(最大5分の1~10分の1)借金を減額してもらった上で、
(2)原則として3年間の分割による支払いをする
(3)住宅ローンがある方は、マイホームを手放さないで借金問題を解決できる 
※ただし、住宅ローン以外の借金総額が5000万円以上の人は民事再生出来ない

という点です。

色々な書類準備等をして、地方裁判所に申し立てをして始まります。

原則として3年間以内に返す必要があるため、継続収入が見込める人のみの再生法になります。

こちらは債務整理に関する知識も必要ですし、裁判所とのやり取りもありますから、弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。

 

④.過払い金返還請求

法律で決められている利息にもとづき過払い分が返ってくる

「過払い金返還」はよく広告やテレビCMなどで紹介されているのでご存知の方も多いのでは無いでしょうか?

過払い金返還請求は、任意整理・特定調停で行われることと同じですが、理解する上で大きなポイントは、「法律で決められている利息率により、払いすぎていた分を取り返す(完済している場合も含む)。」ということです。

払わなくて良かった借金を返してもらう方法なので、借入金額や借入時期によっては、借金額がゼロになる可能性もあります。

こちらも債権者との交渉が重要になります。

また、過払い金返還請求は最終取引日から10年経つと時効となり、取り返すことが出来なくなってしまうので、とにかく早めに専門家に相談することが重要です。

相談するかどうか悩んでいる間にも、戻ってくる金額がどんどん減っていってしまいます。

 

お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る