借金整理(債務整理)業務について

債務整理・過払い金請求を専門家に頼むメリットは?

1.取り立てが止まる。

債務整理や過払い請求を専門家に頼む大きなメリットとしては、貸金業者からの取立が止まるということが一番大きなメリットといえます。

司法書士が手続きを関与すると、貸金業者は借入れをした本人に対して請求や取立てをしてはいけないと法律で決められているからです。

貸金業者と直接話す機会がなくなるため、お客様のストレスは大幅に軽減されるはずです。

 

2.時間を取られない。

裁判(過払い金請求訴訟や自己破産、個人再生など裁判所を通す手続き)は、基本的に平日の昼間に行なわれるので、平日がお休みでない方は、裁判のときには仕事を休まなければいけません。

また、司法書士に過払い金請求を委任すれば、わざわざ裁判をしなくても貸金業者と司法書士の話し合いで解決できることもあります(請求額140万円以下に限る)。

この場合は、裁判費用がかからないので、メリットが大きいです。

知識を仕入れながらひとつひとつ手続きをしていくと、精神的にも肉体的にもプレッシャーがかかりますが、専門家に依頼し代行してもらうことで手続きの間も普通の暮らしをおくることができ、ストレスから解放されます。

 

債務整理の心構え

多重債務状態に陥った方は、いつ何時でも借金のことしか考えられなくなります。

返済日が月に何度もやってきて、とりあえずそれぞれの返済を乗り切ることで頭がいっぱいになり、多くの方は仕事や人間関係に深刻な影響を与えることもあります。

「借りたものは返す」と子供の頃から教えられている人が多数派ですので、そう思い込むのは真っ当な考え方です。

しかし、借金問題についての心構えとしては、「実は法的には返さなくてよいものもある」という事実を知り、借りたものは絶対に返さなければならないという思い込みを捨てるべきということです。

ただ、金融業者と比べて圧倒的に情報弱者である消費者はこのことになかなか気付くことができませんから、まずは現状を冷静に把握する必要があります。

また、同時に持っておくべき心構えとしては「いかに繰り返さないか」を考えることです。

借金苦に陥る人にはやはりその原因となる行動パターンがありますので、債務整理をきっかけとして自分を見つめ直していただけたらと思います。

 

債務整理は早期の相談が重要です。

借金の相談は、早めにするに越したことはありません。

借金問題の解決ですので、なるべくお金をかけないようにしたいと思うのが本音のところではないでしょうか。

弊所では、借金の相談について、初回相談無料です。お気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る