家賃(賃料)を支払ってもらえない家主の方へ

賃貸建物の明け渡し

家賃の滞納が続いたり、契約どおりに使用しないとか、建物を又貸しするなどして、信頼関係が破綻しているような場合は、賃貸借契約を解除して、賃貸建物を明け渡してもらいたいと家主さんであれば当然に考えることでしょう。

特に家賃が支払われていないときは、ずるずる解決を引き延ばしていると、損失は拡大する一方です。一刻も早く解決したいところです。

しかし、借主の同意なく、裁判手続きにもよらないで、家主が勝手に鍵を変えたり、賃貸建物内の動産を運び出すような自力救済は認められていません。

また、仮にそのようなことをしてしまうと、家主さんは逆に民事・刑事の責任を問われかねません。

したがって、家主さんとしても法に則り適正な手続きをとりながら解決することが必要となってきます。

 

建物明け渡し請求の流れ

賃料の不払いによる明け渡し請求の流れは、次のようになります。

 

①滞納家賃の催告~契約解除

家賃の滞納があった場合、まずは滞納家賃の支払いの催告をします。それで支払われればいいですが、支払がない場合、契約の解除をします。

滞納家賃の催告をしながら、支払がないときは契約を解除する旨の内容証明郵便を送っておくと、期限までに支払がないときは自動的に賃貸借契約は解除されます。

どの程度の期間の滞納があれば契約解除が認められるかは一概には言えませんが、単に家賃を滞納しているだけではなくて、それにより「信頼関係が破綻していること」が必要とされています。

建物明け渡し請求の流れ

②明け渡しの交渉~訴訟

契約の解除後に任意の明け渡しを求めますが、明け渡してもらえないようなら訴訟提起します。

通常の訴訟手続きだけでなく、調停によって話し合いで解決を求めることも一つの方法です。

建物明け渡し請求の流れ

③判決または和解

判決または和解(調停)で手続きが終了します。

和解または調停で終結した場合、その内容どおりに明け渡してもらえばそれで終了です。

判決の場合もできるだけ早期に明け渡してもらうよう、交渉します。

建物明け渡し請求の流れ

④強制執行

判決や和解(調停)のとおりに明け渡してもらえないときは、地方裁判所の執行官に明け渡しの強制執行の申立をして、明け渡しをします。

強制執行まで行ってしまうと、荷物運び出し、一時保管等のために業者に依 頼する必要も出てきます。

その場合、数十万円の費用がかかってしまいますので、その前の段階で任意に明け渡してもらうよう努力することも必要でしょう。

家賃の滞納が長引いている方は、一人で悩まずみなと司法書士・行政書士事務所にご相談ください。

初回相談は無料ですので、お電話お待ちしております。

 

お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る