遺言・相続業務について

相続手続き・遺言書作成事案によっては、相続手続き・遺言書作成は、専門家に頼まなくても、ご自身だけでも何とか時間をかけてやっていけると思われます。

では、なぜあえて当事務所をはじめとする専門家にお金を払ってまで依頼するメリットがあるのでしょうか?

ここでは、相続手続き・遺言書作成をみなと司法書士・行政書士事務所にご依頼いただいた場合のメリットをご紹介します。

 

メリットその1 わずらわしさを解消し、問題がスムーズに解決します!

ほどんどの方が、手続きをするのが初めての経験ということが多く、

「まず何から始めていいのか分からない…。」
「遺言書を親に書いてもらったが、本当にこれで有効なのか不安だ…。」
「遺産分割協議書をつくったが、銀行にやり直しを求められた…。」
「何度も役所・法務局や公証役場に出向いたり、電話をかけたりと、もう大変!」
「最初から頼んでおけばよかった…。」

こんなお話よく聞きます。

「上記のようなわずらわしさを解消し、少しでも早く、スムーズに手続きが終わる!」
「これでもう安心!」

これが司法書士・行政書士に依頼する大きなメリットの1つです。

 

メリットその2 遺族間で争いを残さない遺産分割の方法をご提案します。

ご親族だけで遺産分割を行うと、争いに発展してしまったり、後々のトラブルに繋がってしまったりすることが多々あります。

今は問題なくても、次の相続で争いや問題に発展してしまうケースも珍しくありません。

当事務所にご依頼いただければ、これまで多数の相続のご相談をお受けして蓄積した経験とノウハウから、予想される争いやトラブルを未然に防ぐための遺産の分割方法をご提案いたします。

 

メリットその3 お客様の状況によって適切な手続きをご提案できます。

相続の手続きは細かいものも含めると90種類以上あると言われ、一概に相続手続きといっても、お客様の状況によって必要な手続きや書類が大きく異なります。

そのため、インターネットや本で相続手続きの方法を調べても、お客様の個別の状況に合った手続きの方法を把握することは難しいでしょう。

司法書士・行政書士は相続の専門家として、お客様の個別の状況をヒアリングしたうえで、必要なお手続きを明確にします。

特に、司法書士は不動産の名義変更手続き(相続登記)の専門家というイメージが強いかもしれませんが、相続財産全体について相続手続き(遺産承継業務 ※1)を行うことができますので、不動産以外の財産の相続手続きを含めて受任することができます。

※1 相続財産を管理する業務のことです。

 

メリットその4 公正証書遺言作成の際に証人になることができます。

公正証書遺言の場合には、公証人役場にて公証人の立ち会いのもと作成をするのですが、その際に2名の証人も必要になります。
(※相続人になる方は証人にはなれず、第三者的な立場の人しか証人になれません。)

証人には「どんな財産を持っていて、誰に相続させるのか」知られてしまうので、身内以外の知り合いに証人になってもらうのは、よほどの関係でない限りなかなかハードルが高いですよね。

当事務所にお任せいただければ、証人として2名立ち会うことができますので、お客様の方で手配する必要はございません。

 

メリットその5

公正証書遺言を作成したい場合、直接公証役場に出向いて公証人の先生に作成してもらうこともできますが、当事務所にお任せいただければ「遺留分のこと」「付言のこと」「2次相続(さらに次の相続)」のことなど、総合的に判断した上で作成することができます。

単に公証役場にて作成すると、そういったリスクやメリットを知ることなく、そのまま作成することになってしまいます。

もちろん当事務所はお客様のご意向を最優先しますが、「知っているか」「知らないか」によって遺言の内容は変わってくる可能性は高いのではないでしょうか。

それらのリスクを排除し、メリットも知っていただいた上で、安心して遺言の作成を行っていただくことができます。

みなと司法書士・行政書士事務所では、お見積りも初回相談も無料です。

お気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る